片思い 成就 潜在意識

片思いを成就するために、相手の潜在意識に訴える

スポンサーリンク

人を好きになることは、とても自然なことです。
好きな人と両想いになり、恋人になれたらそれは幸せなことですが、残念ながら全ての人がそうなれるわけではありません。
相手に別の好きな人がいたり、片思いで終わってしまったりと成就せずに終わってしまうこともあります。
どうしたら成就できるのかはタイミングやその時の相手の状況など様々ですが、潜在意識も関わっている気がします。
人に優しくされた時、どきっした時の空気感はどこか人の心に残っているものです。
片思いの相手に、一度感じさせた気持ちをもう一度体感させることによって、デジャビュ、恋心に変化させることも可能なのではないでしょうか。
作戦ともとれるかもしれませんが、相手の潜在意識に訴えるのには有効かもしれません。

スポンサーリンク

例えば、相手が辛い時にそっと寄り添うこと。
自分が側にいることを伝えるのです。
それを1回限りでは無く、相手の辛い時には必ず側にいるような状況をつくるのです。
そうすると、相手はふと、いつもあなたが側にいてくれることに気づくのです。
また、相手を好きになっている空気というのは、自分から滲み出てしまうと思います。
相手を見つめること、どうにかして側にいたい、触れたいということは態度に出てしまいます。
しかし、自分に好意を持ってもらうことに悪い気がする人は少ないはずです。
相手の好意を受け止めることで、初めて相手を意識します。
そこから相手も自分に好意を抱いてくれて恋が始まることがあるのです。
前に進むために、行動を起こして自分の気持ちを少しだけでも相手に伝わるような雰囲気を作ってみてはいかがでしょうか。
相手の潜在意識に問いかけることができ、片思いの状況も何か変わるかもしれません。

スポンサーリンク