両思いなのに 切ない

両思いなのに切ないと言う感情が生まれる理由について

スポンサーリンク

交際を続けていくうちに、両思いなのに切ないと言う感情が生まれる事があります。
お互いに相手に好意を持っているのに、何となく楽しくないと言う気持ちに気づいてしまい戸惑う方も大勢いらっしゃいます。
この両思いなのに切ないと言う感情は交際が長く続いた場合に多く見られ、その理由として相手の事をしっかりと見つめ直す時期だと言われています。
恋愛の初期は相手の事が好きと言う感情が強く欠点などはほとんど分かりませんし、欠点が見えたとしても気にならなくなっている場合が多くなります。
したがってその初期段階を越えると、相手との価値観の違いや恋愛感の違いなどが表面化するようになります。
この時に理想と違っていたなどの点に気づくため、切ないと言った感情が生まれるようになります。

スポンサーリンク

一般的に恋は盲目などと言われ、相手を好きと言う感情が強くなっている時には傍にいるだけでも幸せな気分になります。
しかしそれを越えて、相手を見つめ直す時期に入ると相手の欠点などが表面化してきます。
実はこの時期こそが絆を深める重要な時期になります。
お互いの欠点などがよく見える時期に、価値観や恋愛感の齟齬を解消し理解を深める事でより強い絆が生まれます。
両思いなのに切ないと言う感情が生まれた時は、危機的状況であると同時にお互いの理解を深めるチャンスにもなります。
冷静な状態でお互いを理解しあう事で、より良い関係にする事も可能になります。
なので悲観的にならず、絆を深めるチャンスだと認識する事が重要なポイントになります。

スポンサーリンク